shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2016年01月29日

北海道の教育に関するニュース

こんにちは!
教員採用担当の木下です。

さて、表題の件につきまして、
先日北海道教育委員会が
「小中高一貫ふるさとキャリア教育推進事業」
を立ち上げたというニュースがありました。

この背景には、
人口減少問題に対して、その解決策となり得る
「地域(ふるさと)を好きになる」人材の育成を目指している
ことにあるみたいですね。
14管内の研究指定校で、
「地域ダイスキ!プロジェクト」と
「子どもダイスキ!プロジェクト」が展開されるそうです。

「地域ダイスキ!プロジェクト」では、
・地域の特性や教育資源を生かした取組
・小中高の12年間を見通したキャリア教育の全体計画の作成
・地域の特性や教育資源を生かした取組
・地域の人材等を活用したキャリア教育に関する講演会
・児童生徒が振り返りながら自分の将来や職業を考える
 キャリアノートの作成の実施を目指しています。

「子どもダイスキ!プロジェクト」では、
・家庭や子育てに関する座談会の開催
・実践研究を行う高校で少子化の現状と課題などをテーマにした学習
・道保健福祉部と連携して作成した家庭科副読本の活用
の実施を目指しています。

このように、日々新たな取り組みを検討・実施されるので、
教員として柔軟な対応力が問われます。
北海道・札幌市教員採用試験では時事からの出題が増えてきているので、
皆様日頃からニュースに目を向けることも重要なってきています。


posted by 東京アカデミー札幌校 at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。